2010年08月07日

絶品お好み焼きレシピその続き

絶品お好み焼きレシピの続き

家お好み焼きの調理を、写真で追ってみます。

広島風お好み焼きを、家でやってみようという方は、

是非参考にしてください。美味しいですよ。

 1.生地の調整

  R0011047a.jpg

 2.フライパンへ落とし、少し火が通った状態

  R0011058a.jpg  R0011064a.jpg

 3.2の上に野菜・そば・ブタバラ薄切りを乗せる

    
    R0011069a.jpg  R0011079a.jpg
  
    R0011095a.jpg
 

 4.形をまとめるための生地をまわし掛けてから、全体を裏返す。

   軽く押さえながら、裏側に火が通ったところで、

     下側に卵を入れる

    
    R0011105a.jpg  R0011112a.jpg
 

 5.2〜3分焼き、火が通ったら再度裏返してお皿に乗せる。

   ソース・ノリ等かけていただく。

  
    R0011121a.jpg  R0011125a.jpg

 

posted by ブルちゃん at 19:04| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

家人の作る広島風絶品お好み焼きとっておきレシピ

広島風お好み焼きの「マイ絶品レシピ」を、公開します。

フライパン編です。お試し下さい。

 ☆ 材料
   1.生地・・小麦粉,卵1個,長イモ(山イモ)すりおろし大さじ2杯
          水,塩少々
   2.具材・・キャベツ,モヤシ,カツオ削り節,ソバ(中華)orウドン,
          ブタバラ肉薄きり,卵,ノリ,お好みソース,胡椒,
                   その他お好みのトッピング,食用油(ゴマ油はダメ)

 ☆ 手順
   1.卵をといて水で薄め、その中に小麦粉を加えていく。

   2.すりおろした長イモを加える(大さじ2杯位)。

   3.塩少々を加え、生地の固さをみて水で調整する。
      ※ お玉からスーッと筋をひく位が適当

   4.キャベツ・モヤシをフライパンで予めサッと炒め、
            塩・胡椒で薄く味を調えておく。

   5.ソバ・ウドンも炒めておく(4と同じく味も調える)。

   6.フライパンに油をひき、作った生地をお玉で
            薄く円形にのばす。

   7.6の上に削り節をかけ、いためておいた野菜・麺類を
            順番にのせていく。

   8.7の上にブタバラ肉薄きりを、広げてのせる。

   9.8全体をまとめるため、生地を上から薄くたらしていく。

   10.フライパン面側の生地がパリッとしてきたら、
            全体をひっくり返す。

   11.軽く、上からフライ返しで押さえる。

   12.フライパンを、軽く揺すってみて、下面に火が通ったのを
            確認後、黄身をほぐした卵を、お好み焼きを少し持ち上げて、
            その下面に流し込む。

   13.20~30秒経ってから、再度お好み焼きをひっくり返し、
      お好みソース・胡椒・青のり・マヨネーズを適宜かける。

   14.適当な皿に盛って、テーブルにだす。
     
        温めたフライパンをもう一つ用意しておくと、
          作業がやり易くなります。
               これ、以外と大事なコツです。


posted by ブルちゃん at 20:51| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

家人の作る広島風お好み焼き

広島風お好み焼きは、いまや、全国区人気となりました。

広島に来る修学旅行生も、お好み村に行列を作る程です。

関西風お好み焼きを、完全に抜き去りましたね。味・人気共に。

そこで、自慢ですが、家人が家で作るお好み焼きは、

世界一の絶品お好み焼きです。多分。

味・かおり・食べ心地、どれをとっても、文句のつけようがありません。

ところで、家で作るお好み焼きは、皆さん苦労していると思います。

生地がベタつく・小麦粉のにおいが勝ちすぎる・形が整わない等々。

専門店でも、まずい店は沢山あります。

まるで、素人が作ったような味です。

しかし、美味しく作るコツはあります。次回は、それを、書きます。

お楽しみに。

お好み焼き1.jpg




posted by ブルちゃん at 14:46| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

梅雨が明けたら

さすがの雨も峠を越し、梅雨明け近しの情報しきりです。

梅雨明け前の豪雨は、ここ最近、毎年のように起きていますね。

さて、梅雨が明けて、夏窯シーズンの開幕です。

暑さの中で、火を焚く心地よさ。「暑い時、何で火を焚いて、

また、熱くするのか」と、小言を貰いそうですが、

それは、素人の言う事。寒い中での、火が有難いのは当たり前。

夏の暑さの中で、火の温かさを感じる心地良さは、やってみないと

分かりません。大量の汗をかきながらの、窯焚き・窯料理の

醍醐味は、たまりません。多少の自虐傾向は否めませんが。

さて、スタッフドチキンでも、ピザ・マジックで作ってみましょうか。

スタッフドチキン.png


posted by ブルちゃん at 03:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レンガと石窯のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。