2009年10月31日

石窯にドンピシャの燃料?

10月28日夕方、地元テレビ局のニュースを、

途中から見はじめたところ、

大量に出る籾殻を有効利用して、燃料・土壌改良材に

加工する機械装置を紹介していました。

年配の男性5〜6人が楽しそうに説明をしていました。

できた燃料は、CO2の発生が少なく、煙も少ない。

燃やした残りの灰は、二酸化ケイ素を多く含み、

土壌改良にもよいということです。

小生、住宅街で石窯と遊んでいるので。煙は悩みの種でした。

プロパンガスと炭を、併用したりしていました。

煙の少ない、熱量の高い燃料であれば、

石窯にドンピシャです。テレビ局に問い合わせ、

そのメーカーを聞き、その燃料の販売店を聞いて、

手に入れました。この土・日は、その燃料のテストを、

する予定です。期待しているところです。

因みにその燃料の名前は、モミガライトといいます。

販売店のホームページを書いておきます。

興味のある方は覗いてみて下さい。

URL http://www.e-right.net/です。モミガライト.png

モミガライトの姿です。
    

posted by ブルちゃん at 02:49| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。